このページは、音符は読めないけど、キーボード(ピアノ)を弾いてみたい方必見です。
このページは、1月に1回(毎月末)更新されます。初めての方は、レッスン1から、はじめてください。
(BGMは意図的に停止しています。)

<<前のレッスン メニュー 次のレッスン>>


<< レッスン42  ベニスのゴンドラの歌  >>

作曲者 (メンデルスゾーン)については、 25 「歌の翼に
http://homepage3.nifty.com/ayakosan/c-lesson25.htm

で書きましたので、省略します。

曲について

「ベニスのゴンドラの歌」は、メンデルスゾーンのピアノの小曲集、「無言歌集」の中の曲です。「無言歌集」はピアノのレッスンでも度々登場する曲ですが、その中でも好きなのは、「狩の歌」「浮雲」そして「ベニスのゴンドラの歌」です。

中でも「ベニスのゴンドラの歌」は詩情豊かな、美しいメロディーで、正に無言歌と呼ぶにふさわしい曲です。

今回は初心者用ですが、美しいメロディーの雰囲気を壊さないで、編曲できたと思います。調はハ長調にすると曲のイメージが崩れてしまうので、原曲のまま嬰ヘ短調にしました。♯が3つ付いていて、ちょっと弾きにくいですが、黒鍵に慣れてくると、スムーズに弾けるようになります。

ゆっくりのテンポの曲なので、がんばって弾いてみましょう。

ステップ1

それではいつものように、楽譜をプリントしてください。今回は左手の伴奏譜も書きましたので、全部で 5 枚あります。

楽譜の用意ができたら、PCの音楽を聴いてください。
[ココをクリックすると練習曲が鳴ります]

いかがでしたか。美しいメロディーでしょう。

楽譜のメロディー譜を見てください。緑色の音符がたくさんありますね。これは全部♯の音です。

どこを弾くかわからないときは、弾く位置のイラストを見て、確認してください。

そうです。今回は黒い鍵盤をたくさん弾かなければなりません。

ベニスのゴンドラ 1 楽譜
ベニスのゴンドラ 2 楽譜
ベニスのゴンドラ 3 楽譜
ベニスのゴンドラ 4 楽譜
ベニスのゴンドラ 5 楽譜
[ココをクリックすると練習曲が鳴ります]

ベニスのゴンドラ 指の位置

ステップ2

ミの♯はファの白い鍵盤を弾きます。それはミからファは半音だからです。♯の位置は弾く位置のイラストで確認してください。

 

3 枚目の楽譜の 3 段目に tr (トリル)が出てきます。ドレドレドレ ドレドレドレ ドレドレドレ ドレドドシド と弾きます。弾き方はパソコンの音楽をよく聴いてください。

 

左手は伴奏譜を見ながら、弾いていきます。左手もミの♯がでてきますので、気をつけて演奏しましょう。黒鍵が多いので、いつもより鍵盤の奥のほうに指を置いて、黒鍵が弾きやすい位置を見つけてください。

それでは両手で演奏できるように、がんばりましょう。

 

又次回お目にかかりましょう。バイバイ

<<前のレッスン メニュー 次のレッスン>>