(BGMは意図的に停止しています。)

<<前へ メニュー 次へ>>


3曲目

3曲目は、恋の詩集の2番目の作品です。これはピアノに向かったら、自然にメロディーが浮かんできました。字あまりが多い言葉の配分の詩で、今日まで、4文字少なく作曲していたことに、先ほど気がつきました。あわてて、4文字の音を足しましたが、若干ニュアンスが変わってしまいました。

驟雨(しゅうう)とはにわか雨のことなのですね。曲はフォークソングです。たぶんこの曲を気に入ってくださったら、だれでも歌える曲です。まずは詩の紹介をします。

驟雨


詩 三 角
曲 AYAKO


どこからきた風ですか と問えば
おまえが見たかった夢なのだから
と声がする

それはどんな姿をしたものですか

どんな姿に望んだのだ?

時の針は迷路を行きつ戻りつし
繰り返し言葉にしようとするものには
なまえがない

その姿は黒鍵のうえで指を止めて
微笑を残し 見えなくなった

あなたはことば
水面に戯れる陽の光。

その夏の午後、
風を追って驟雨が来た。


[ココをクリックすると曲が鳴ります]



皆さん、「驟雨」の曲はいかがでしたか?皆さんのイメージとは、違っていたかもしれませんが、一度歌ってみてください。

それでは青山氏の世界をどうぞお楽しみください。


ツツジ目 雲南省白芒雪山

夕刻、標高4000mを超す峠の手前で、黄花のシャクナゲが出現。運転手曰く、今日中に目的地に着けなくなるので、撮影はダメ。しかし、そうはいくまい。                                 
(中国:雲南省) 香格里拉−白芒雪山−徳欽[泊]

<<前へ メニュー 次へ>>