このページは、音符は読めないけど、キーボード(ピアノ)を弾いてみたい方必見です。

メニュー 次のレッスン>>


<<レッスン1>> キーボード(ピアノ)を弾いてみよう!!

白 黒白 黒白 黒白 白ド黒白レ黒白ミ白 黒白 黒白 黒白 白ド黒白レ黒白ミ白 黒白 黒白 黒白 白ド黒白レ黒白ミ

キーボード(ピアノ)のキー(鍵盤)が並んでいますね。 黒いキーを見てください。
3個並んでいるグループと、2個並んでいるグループに分かれているでしょう。
2個並んでいる黒いキーを、チョキの指で押してみましょう。
キーボードをお持ちの方は、実際に弾いてみてください。 2個ならんでいる黒いキーの下の白いキーがドレミです。
このドレミの位置が解れば、誰でもキーボード(ピアノ)が弾けます。

<ステップ1> キーボードを弾いてみよう

ドレミの位置が判ったので、さっそく弾いてみましょう。
今回は、右手の練習だけします。
キーボードを弾く時は、それぞれの指を1,2,3,4,5の数字で呼びます。
親指から順番に、1,2,3,4,5(赤ちゃん指)です。この5本の指を全部使って弾くようにします。
図解
ドレミファソと書いてあるキーの上に、1,2,3,4,5の指を置いて、ドレミファソの順に弾いてみてください。
今度は、ソファミレドと弾いてください。できましたか。

<ステップ2> さあ、それでは、実際に曲を弾いてみましょう。

ドミファソ..... ドミファソ..... ドミファソミドミレ.....
ミミレド.....ドミソソファ..... ミファソミドレド.....
何の曲かわかりますか。「聖者の行進」という曲です。
この曲を楽譜で表してみます。
いよいよ音符を読む練習です。

楽譜を読んでみよう

音符の上に数字が書いてあるでしょう。その数字の指で弾いてくださいという意味です。
その通りの指で弾くと、音と次の音がつながって、美しいメロディーラインで弾けるのです。
レガート(なめらか)に弾けます。
「聖者の行進」のメロディーを思い浮かべながら、弾いてみてください。
弾けるようになったら、聞こえてくる音楽にあわせてみましょう。
[ココをクリックすると練習曲をダウンロードできます] うまく合いましたか。

今日はここまで。
次回は左手のコードネームとドレミファソラシド(音階)のレッスンをします。バイバイ

・このコーナーは毎月レッスン1、レッスン2と進んでいきます。
・ご質問、ご感想などはメールでお願いします。

メニュー 次のレッスン>>