このページは、音符は読めないけど、キーボード(ピアノ)を弾いてみたい方必見です。 このページは、1月に1回(毎月末)更新されます。初めての方は、レッスン1から、はじめてください。

<<前のレッスン メニュー 次のレッスン>>


<<レッスン7>>楽譜より高いところで弾いてみよう

<ステップ1> 1オクターブ高く弾こう

前回の(山のロザリア)は弾けるようになりましたか。
今回は、もう1曲、イ短調の曲をやります。これも、ロシア民謡で、(黒い瞳)という曲です。ロシア民謡の中には、このような、きれいな曲がたくさんありますね。
まず、パソコンの音楽を聴いてください。どこかで、聞いたことがあるような、なつかしいメロディでしょう。
次に、下の楽譜を見てください。このまま、楽譜通りに弾くと、右手と左手が重なってしまうので、今回は、右手を1オクターブ高い位置で弾きます。指の位置(鍵盤)のイラストで、指の位置を確かめましょう。
指の位置が時々変わるので、少し難しいかもしれません。
黒い瞳 楽譜
[ココをクリックすると練習曲をダウンロードできます]

右手の位置
1=ミ、2=#レ ファ 1=ミ、2=#ソ 3=ラ 4=シ 5=ド 1=ファ、3=ラ、4=シ、5=ド 1=ミ、3=シ、4=ド、5=レ

<ステップ2> 左手のコードを合わせてみよう

右手のメロディがスムーズに弾けるようになったら、左手を合わせてみましょう。
コードは前回と同じ、E7、Am、Dmです。
今回は、リズムはつけずに、1小説に1回弾けばいいです。
パソコンの音楽を良く聞いて、同じように弾いてみてください。
左手のコード
5=#ソ、2=レ、1=ミ 5=ラ、3=ド、1=ミ 5=ラ、2=レ、1=ファ

もう少し学びたい人に

前回は、(一週間)という曲を弾きましたね。テンポが速くて、楽しい曲でした。
うまく弾けましたか。今回は、これもよく知られた曲で、(愛のロマンス)、ギターを弾く人なら
始めに弾きたくなる曲ですね。キーボードで弾くとどんな風になるでしょう。パソコンの音楽を聴いて見ましょう。
テンポや音の感触がつかめたら、さあ、楽譜をみながら、弾いてみてください。
右手は、何度かポジションが変わりますので、鍵盤(キー)のイラストを見て、確認してください。
左テンオコードは、前の曲と同じです。
愛のロマンス
右手の位置
1=ラ、2=シ、3=ド、4=レ、5=ミ 1=レ、2=ミ、3=ファ、4=ソ #ソ、5=ラ 1=ド、2=レ、3=ミ 1=ラ、2=シ、3=ド

それでは、次回をお楽しみに。バイバイ

<<前のレッスン メニュー 次のレッスン>>